「危険な淡水魚」 一覧

アカザ(魚)の生態や毒性について

2017/08/12   -危険な淡水魚

アカザは、今や若い人には馴染みの薄い魚になってしまいました。 昔の子供は川で遊んでいるとアカザに刺されて痛い思いをしたものですが、今は生息数が減ってしまい「子供が川で毒のある魚に刺された!」なんて騒動 ...

ギギの生態や毒性、刺された時の症状と対処法について

2017/07/31   -危険な淡水魚

ギギと言えば、昔はため池などで簡単に釣れる淡水魚として知られていました。 ところが現在では生息数が減り、滋賀県では絶滅危惧種に指定されてしまい、高級魚として扱われています。 今回の記事では、ギギの生態 ...

ピラニアは本当に人間を襲う?その生態や危険性について

2017/07/20   -危険な淡水魚

南米のアマゾン川に生息する恐ろしい魚と言えばまず何を思い浮かべるでしょう。 おそらく多くの方がピラニアを挙げると思います。 実際にテレビなどで映し出されるピラニアは、鋭い牙で襲いかかる凶暴な姿であるこ ...

デンキウナギの電圧や仕組みは?生態や特徴、危険性について

2017/07/19   -危険な淡水魚

デンキウナギと言えば、電気を出して獲物を捕まえたり、身を守ったりする怪魚として有名です。 ゲームやアニメの世界でしかできない「電撃」を可能にするなんて、とってもスゴイですよね。 今回の記事では、デンキ ...

殺人魚カンディル!その生態や人食い事件について

2017/07/18   -危険な淡水魚

日本から遠く離れた南アメリカのアマゾン川に、体内に侵入して内部から肉や内臓を食いちぎるという恐ろしい魚が存在します。 その名もカンディル。 アマゾン川の恐ろしい魚と言えばピラニアを想像する方も多いと思 ...

デンキナマズの電圧は?その生態や特徴について

2017/07/18   -危険な淡水魚

デンキナマズといえば、デンキウナギの次に強い電気を放出する怪魚として知られています。 顔だけ見ると、デンキウナギに似ていますね。 今回の記事では、デンキナマズの電圧、生態や特徴について解説します。 ス ...

アリゲーターガーの生態や危険性について、人も襲う? 

2017/07/07   -危険な淡水魚

2017年5月に、名古屋城の外堀で体長140㎝のアリゲーターガーが発見され、大騒ぎになりましたね。 どうやら成長して飼いきれなくなったアリゲーターガーを、無責任な飼い主が無断で放流したようです。 今回 ...

淡水エイの種類や生態、毒棘の危険性について 

2017/05/19   -危険な淡水魚

近年では撮影機器の進化からも、様々な生物たちの映像を観ることができます。 特に本来であれば人間のテリトリーではない海中の映像には驚かされることも多くあります。 どこまでも広がる大海原を自由に泳ぎまわる ...

危険な人喰い魚!?ムベンガ(ゴライアスタイガーフィッシュ)の生態について。

2017/05/06   -危険な淡水魚

ムベンガは「最凶淡水魚」と呼ぶに相応しい、鋭い歯を?き出しにした恐ろしい顔の牙魚です。 殺人魚として知られるピラニアやカンディルが可愛く見えるほどです。 ムベンガを知らない人が見たら、とても淡水魚には ...

パクーの生態と危険性について。恐怖のボールカッター!?

2017/05/05   -危険な淡水魚

パクーという魚をご存知ですか? パクーは「メチニス」という熱帯魚のうち、いくつかの種類の魚の総称です。 肉食で危険な魚としてあの有名なピラニアと近い種族の魚です。 このパクーという魚、なんと男性の睾丸 ...

Copyright© 危険生物.information , 2018 AllRights Reserved.