危険生物.information

身近に潜む危険な生き物から、世界各地の珍しい危険な生き物まで...。人にとって危険となりうる生き物たちを紹介するサイトです。

「 投稿者アーカイブ:mu-mu 」 一覧

チリダニ(ヒョウヒダニ)の生態や被害、駆除法などについて

2018/10/03   -危険な害虫

家の中の小さな敵、それはダニです。 1軒の家の中には何十種類というダニがいて、全部で数百万匹~数億匹いると考えられています。 普段はダニの存在なんて気にせずに生活していますが、それほどの数のダニがいる ...

ネコノミは人間にもうつる!?刺された時の症状や対処法、駆除方法について

2018/08/31   -危険な虫

イヌやネコと言ったペットを飼う際の大きな問題といえばノミ、ダニ被害ですよね。 イヌやネコのような動物にはノミ、ダニがつきやすく、放っておくと病気の原因にもなります。 特にノミは何カ所も刺してくるうえに ...

インドライオンの生態や事件、絶滅の危険性について

2018/06/27   -危険なネコ科動物

ライオンの主な生息地と言えばアフリカ大陸ですが、実はインドにもインドライオンという種が生息しています。 インドライオンとアフリカライオンは同一種の亜種で基本的な習性は同じですが、特徴や生態については異 ...

ライオンの種類や生態、ツァボの人食い事件について

2018/06/04   -危険なネコ科動物

百獣の王として獣の頂点に君臨するライオン。 野太い雄たけびや威厳のある顔、がっちりとした体格から、最強と言われるにふさわしい風格があります。 動物園で飼育されているライオンでさえも、檻の中に入っている ...

ハイエナの種類とそれぞれの特徴や生態について

2018/05/05   -危険な哺乳類

ハイエナと言えば“サバンナの掃除屋”、そんなイメージがついていますよね。 実際にテレビなどで紹介されるハイエナは、ライオンの食べ残しを漁っていたり他の動物が仕留めた獲物を横取りしたりといった内容が多い ...

ブチハイエナの生態や危険性について

2018/04/07   -危険な哺乳類

サバンナを生きるハイエナ。 ハイエナの仲間で一番体格が大きいのはブチハイエナで、体長は最大で180cmにも及びます。 ハイエナと言うと死肉に群がったり、他の動物から餌を横取りする卑怯者というイメージが ...

アルゼンチンアリの生態や危険性、駆除対策について 

2018/03/19   -危険な虫

本来日本にはいるはずのない外来種。 最近ではヒアリの日本上陸が話題となりましたが、外来種のアリとしてすでに問題となっている種の中にアルゼンチンアリがいます。 日本において特定外来生物に指定され、世界お ...

ホワイトタイガーはアルビノではない?その生態や事件などについて

2018/03/06   -危険なネコ科動物

動物園やサファリパークなどで人気のホワイトタイガー。 個体数も少なく非常に珍しい種であるため、一度は見てみたいという方も多いと思います。 トラと言えば通常は黒色縞模様の入った黄褐色の体を連想しますが、 ...

世界三大奇虫!サソリモドキ(ビネガロン)の生態や危険性について

2018/02/08   -危険な虫

皆さんは“サソリモドキ”という生物をご存知でしょうか? 見た目がサソリに似ていることからついた名ですが、このサソリモドキはサソリ以上に奇妙な姿をしていることからヒヨケムシ、ウデムシとともに世界三大奇虫 ...

アブラコウモリ(家コウモリ)の生態と危険性、駆除と対処法について

2018/01/31   -危険な害獣

夕暮れ時になると不気味に空を飛びまわる生物。 そう、コウモリですね。 日本には30種類以上ものコウモリが生息していますが、私たちの身近に生息しているのはアブラコウモリです。 都会にも生息しているものの ...

タイガースネークの生態や毒性、咬まれた際の症状や対処法について

2018/01/16   -危険なヘビ

観光地として日本人にも人気であるオーストラリア。 しかし、オーストラリアには猛毒を持つ危険なヘビが何種類も生息しています。 しかも、これらの毒ヘビの中には山奥ではなく人間が生活する街に出没する種もいて ...

アラスカンマラミュートの性格や特徴、危険性と事件について 

2018/01/02   -危険なイヌ科動物

アラスカンマラミュートはその名の通り、アラスカ(アメリカ)原産の大型犬です。 シベリアンハスキーやシンリンオオカミに似ている風貌が特徴的ですね。 凛々しい反面、犬に慣れていない人から見ると、ちょっと怖 ...

ドクイトグモの生態と毒性、咬まれた時の症状や治療について

2017/12/23   -危険なクモ

毒グモに咬まれて皮膚が壊死!? 何とも恐ろしい話ですが、実際にこのような被害が多発している地域があります。 その毒グモとは、アメリカに生息するドクイトグモ。 ドクイトグモは非常に強い毒を持ち、その毒に ...

暗殺毛虫!?ベネズエラヤママユガの生態や毒性について 

2017/12/15   -危険な虫

“暗殺毛虫”、そう呼ばれる生物がいます。 それは、ベネズエラに生息するベネズエラヤママユガの幼虫です。 この幼虫は見た目が奇妙なだけでなく保有する毒性が非常に強く、人間を死に至らしめるほどの威力がある ...

グレート・デーンの性格や特徴、危険性と事件について

2017/12/06   -危険なイヌ科動物

スマートで無駄のない体形が特徴的なグレート・デーン。 逞しい風貌をしていますが、しつけができて運動不足にならないように飼えれば、家庭犬にもなる超大型犬です。 しかし、飼い主がしつけを怠ると、この超大型 ...

Copyright© 危険生物.information , 2018 AllRights Reserved.