危険生物.information

身近に潜む危険な生き物から、世界各地の珍しい危険な生き物まで...。人にとって危険となりうる生き物たちを紹介するサイトです。

「危険な哺乳類」 一覧

ブチハイエナの生態や危険性について

2018/04/07   -危険な哺乳類

サバンナを生きるハイエナ。 ハイエナの仲間で一番体格が大きいのはブチハイエナで、体長は最大で180cmにも及びます。 ハイエナと言うと死肉に群がったり、他の動物から餌を横取りする卑怯者というイメージが ...

イルカには”いじめ”がある!?その生態や性格、特徴について

2017/10/08   -危険な哺乳類

水族館で大人気のイルカショー。 皆さんも、一度はイルカと一緒に泳いでみたいなんて思ったことがあるのではないでしょうか? イルカはショーができるほど賢く、そして穏やかな性格であるイメージがあります。 と ...

アフリカスイギュウの危険性!牛なのに特定動物?

2017/10/02   -危険な哺乳類

アフリカの大地で「黒い死神」として恐れられているアフリカスイギュウは、毎年多くの死者を出す危険な動物として現地では恐れられています。 またの名を「未亡人製造機」。 未亡人って単語の響きが好まれるのは世 ...

カモノハシの生態や特徴、毒性について。日本でも見れるの??

2017/09/25   -危険な哺乳類

鳥類のようなクチバシを持ち、鳥類や爬虫類のように卵を産む哺乳類。 そう、言わずと知れたカモノハシですね。 カモノハシは哺乳類に分類されながらも鳥類や爬虫類のような特徴を持つ不思議な動物として有名で、学 ...

オオアリクイは人を襲う?生態や天敵、危険性について 

2017/07/26   -危険な哺乳類

オオアリクイといえば「好きな食べ物は?」と訊いたら「アリ!」と即答するイメージがありますね。 2006年には「主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました」という、奇妙でありながら謎に満ちたタイトルの ...

チンパンジーの凶暴性!共食いをし、人間も襲う猛獣!?

2017/05/08   -危険な哺乳類

チンパンジーといえば、テレビなどで愛くるしい姿や、茶目っ気のある様子が良く見られますうよね。 かつては、マイケルジャクソンさんの「バブルスくん」のようにペットとしても世界中で飼育されていましたが、現在 ...

最強ラーテル(ミツアナグマ)の天敵は?その生態について!

2017/04/18   -危険な哺乳類

ラーテルという動物を知っていますか? 和名ではミツアナグマといい、日本では愛知県名古屋市にある「東山動物園」という所のみで飼育されているので、あまり知られていない動物かも知れません。 このラーテル、イ ...

ヒョウアザラシに天敵はいる?人間も襲われた海のギャングの生態について!

2017/04/18   -危険な哺乳類

水族館の楽しみのひとつであるショータイム。 イルカやアザラシ、オットセイにアシカ、ペンギンなど、多くの動物たちがダイナミックでユーモアあふれる曲芸で私たちを楽しませてくれます。 そんなショーの人気者で ...

キリンの生態、長い首や舌の秘密など雑学いろいろ

2017/04/10   -危険な哺乳類

キリンと聞くと、 首が長い、背がとても高い、草食動物でおとなしい、まつげが長くて可愛い、動物園の人気者、etc. このようなイメージを持つ方が大半であると思います。 キリンは、子供から大人まで誰もが知 ...

クズリは北欧動物最強!?勇猛果敢な小さな悪魔

2017/04/04   -危険な哺乳類

クズリという動物をご存知でしょうか。 イタチやラッコの仲間ですが、姿は小型のクマに似ており、獰猛な性質を持つため、小さな悪魔と呼ばれています。 日本の動物園では飼育されていないため、その姿を見たことが ...

サイ(犀)の角は毛!?生態や種類、密猟による絶滅危惧ついて

2017/04/02   -危険な哺乳類

サイと言えば、大きな体と頭部のツノが思い浮かびますよね。 日本の動物園でもおなじみのサイですが、世界的に個体数が減少し絶滅の危機にあるのです。 今日は、サイ(犀)の生態や種類、角目的の密猟についてご紹 ...

カバはワニより強くて凶暴!?生態や危険性について

2017/03/19   -危険な哺乳類

日本でも動物園の人気者カバ。 大人しそうな仕草でのろのろと歩き、水中にぷかぷか浮かんでるイメージがありますが、カバは見た目からとは真逆の動物です。 本当はあの短い脚とデカイ体からは想像できないほど物凄 ...

象(ゾウ)の生態と危険性、止まらない密猟と保護について

2017/03/19   -危険な哺乳類

動物園でも人気者でおなじみの象。 私たちが象に持つイメージと言えば、気は優しくて力持ちといった感じではないでしょうか? 日本には野生の象はいないため、その生態や危険性について私たちはあまり知りません。 ...

Copyright© 危険生物.information , 2018 AllRights Reserved.